【44話】ロンドンのスクワットパーティに潜入!|女性のための世界一周旅行ガイド

あやちゃん再び

2008年12月13日

1ヶ月の西ヨーロッパ都市週遊の旅を終えロンドンに戻ってきた。

今度はホステルに宿泊せず(泊まっても結局夜はあやちゃんちにる居るので意味ないのだ)あやちゃんのお宅にお邪魔することにした。

本当はすぐにでもエジプトに飛びたかったのだけど、パーティ好きあやちゃんに

「っていうか、ロンドンに来てスクワットパーティに行かないなんて、マジありえないっしょ!!」

と言われ、しかもあやちゃんは誘い方がうまいっていうか、私が誘われると弱いのかわからんがあやちゃんの熱意に負け週末まで待つことにした。

週末、今回は前回の失敗を胸に「今回は絶対行こうね!」とあやちゃんも真剣だ。

スクワットパーティはある一定の時間に電話をして場所を聞かなきゃいけなかったり、公園東が突然南側に変わったり、探す熱意と運が良くないといけない。

今回は大丈夫か心配だったが今回は友達のノエルからすでにパーティ情報を入手したらしく、あやちゃんの友達太郎君と合流してすぐに家を出た。

スクワットパーティの場所まで行くと町中と違って誰もいない住宅街だった。

本当にこんなところでパーティなどやっているのだろうか?

しばらく場所を探してうろうろしていたらなにやら向こうから音が聞こえる。。。

その場所へ行ってみると仲間うちのパーティのようなものがやっていて、バンドの演奏をしていた。

へぇぇ、かっこいいじゃん!!

みんなでしばらくそこにいて、音を聞いていたがどうやらそこは違う場所だろうとほかのところを探し寒い夜の街を歩き回った。

見つからない。

パーティはいったいどこだ?

あやちゃんにも焦りが見え始め

「え~~ノエル~~!!ジャンルちがうじゃん!!泣」

と言い始めたその時。

本人ノエルの到着した連絡が来た。

何だか場所は合ってるみたい

「でも音違かったよね?」

といいながらさっきの場所に向かうと

「やった~~音が変わってる!?踊れる!!」

とうとうやっと、念願のスクワットパーティに潜入成功。

COOLなロンドンっ子の遊び場に来ることができました。涙

さっきホームパーティと思ったのも、きっと実際にこの中のだれかがここに住んでいるのだと思われる。

使ってますよって雰囲気の洗い場やジュースやお酒も冷蔵庫から勝手にどうぞ!の貼り紙がそんな感じ。

そしてエレクトロサウンドにブリティッシュロックがミックスしたような音もなーんかロンドンに来たぜ!っていう感じがしなくもない。

とにもかくにもあやちゃんと踊りに来れて本当によかったと2人でクラブのまえで野ションしながらしみじみ思った。笑

さぁ~て!次回の○○○さんは!?

次回の内容は?

私、ライク、ア、ちびまる子

私、おっちょこちょこちょこちょい

関連記事一覧